2007年03月06日

小学生も?!ダイエットのために"あの病気"になりたい若い女性急増中

なんでこんな間違った情報が蔓延するんでしょう?
拒食症はほんとに怖い病気です。

最近インターネットで「拒食症、方法」「拒食症になる」など、拒食症になりたいと思われるような検索ワードが増加している。また、某巨大掲示板などでも拒食症をはじめとする摂食障害に憧れる書き込みが見られる。

 拒食症とは、摂食障害の一種。ストレスなど心的要因から発症することが多く、スリム志向が強い昨今の日本では、とくに青年期の女性に多く見られる。ダイエットで体重を落としたことに達成感を覚えてさらなる達成感を求めたり、体重が低くても「太っている」と思い込んだりして、食べることを拒否する。もしくは、食べてたことを激しく後悔し、のどに指を入れて自分で嘔吐をするなどといった行動を繰り返してしまう。
 症状が進行すると極限まで痩せ細り、月経が止まる。一般的に治療は困難で長い時間を要し、極度の栄養失調に陥り、感染症や不整脈などの合併症を引き起こして死に至るケースも。
ライブドアより】 
タグ:ダイエット
posted by あわ at 10:06 | ダイエットについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。