2007年03月06日

堀北真希流、○○抜きは痩せるか?!

塩分は気にしてるんですが、どうしても摂りすぎてしまうんですよね。。。。バッド(下向き矢印)

先日、若手人気女優である堀北真希さんが映画「恋する日曜日 私。恋した」の役作りのために“塩抜きダイエット”で痩せたというニュースが流れた。炭水化物や油を抜くダイエット法はポピュラーなものとして知られているが、塩を抜くダイエットとは、いったいどのようなものなのだろうか。

 看護師と野菜ソムリエの資格をもち、ダイエットコーチとして活躍中の内藤優生さんが説明するには、“塩抜きダイエット”によって「水太り」といわれる体のむくみが解消されるとのこと。水分は、塩分により体内に蓄えられる仕組みになっているため、塩を抜くことによって水分が体外に排出されやすくなるというのだ。
 もともと日本は諸外国に比べて塩分を摂り過ぎる傾向にあるという。塩分の摂り過ぎはむくみだけではなく、高血圧、さらに脳や心臓、腎臓などの疾患の原因にもなる。近年、巷では「減塩」という言葉をよく耳にし、健康を維持するために塩分を控えようという動きが高まっている。しかし塩分を控えるならまだしも、いくらむくみが気になるとはいえ、一般人が完全に塩を抜いた食事を続けることは難しい。

 そこで内藤さんがおすすめするむくみ対策は、塩分を控えめにして、野菜や果物を多めに食べること。野菜や果物には、余分な塩分(ナトリウム)を体外に排出するカリウムが豊富に含まれているからだ。さらに、むくみが気になる時は、利尿作用のあるブラックコーヒーを飲むとよいと続けている。
 また、味付けの濃いおかずは食欲を増進させるため、塩分を控えて薄味にすることはダイエットに有効だ。さらに野菜や果物を多く摂ることによって、普段、不足しがちなビタミン類やミネラルを補うことができる。むくみが気になる人は日頃の食生活を見直して、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

 最後に、塩分の摂取量を簡単にチェックする方法を。それは「食事をした後に、のどが渇くかどうか」。
 お茶や水をゴクゴクと飲みたくなる人は、塩分の摂り過ぎに注意が必要だ。【ライブドアより】
タグ:堀北真希
posted by あわ at 11:14 | ダイエットについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。