2007年03月14日

[ダイエット通信]デカ顔は損!国民総小顔の時代到来?!

これは男でも一緒ですねあせあせ(飛び散る汗)
ロフトに行っても、小顔コーナーはすごい商品の数がありました手(チョキ)

 モデルやタレントを実際に見た人が必ず言うことのベスト5に入りそうなのが、「顔が小さい!」というもの。顔の大きさは美醜を大きく作用するようで、女性誌でも「小顔メイク」や「小顔ヘア」など小顔に見せようとする方法が紙面を賑わせている。
 美白やキレイな歯が当然のこととなった今、次に強く望まれるのは「小顔になること」らしい。ドラッグストアなどでは小顔にするマスクやマッサージ器具をたくさん目にするし、実際によく売れており、フェイシャルエステも盛んである。
 確かに、同じ身長、同じ体重でも顔が小さいだけで全身のバランスが良くなり、格段にスタイルが良く見える。なれるものなら、小顔になりたいと望むのも理解できる。

 では、実際に小顔にするにはどうすればいいのだろうか。
 顔のむくみやたるみを取る、顔の骨格から矯正するなどいくつか方法があるが、前者はがんばって体重を落として脂肪を落とすことで顔も自然に小さくなるまで待つしかなく、後者はプロの手にかかる必要がある。そこで、ダイエットコーチとして多くの人をサポートしている内藤さんに自分で行う簡単な小顔マッサージを教えていただいた。

 「人の身体は血液とリンパ液が循環しています。お酒を飲んだ翌日に顔がむくんだ場合、蒸しタオルを顔に乗せるだけで、血液循環が良くなり、簡単にむくみが取れます。また、リンパ液は、体内を循環しているのですが、その流れが悪くなると血液循環が悪いときと同じようにむくみが起きます。そこで、毎日のマッサージでリンパの流れを良くすると、結果として小顔になることができるのです」(内藤さん)

これなら簡単にできそうですし、毎日続けられそうですねるんるん
今日からやってみますパンチ

ライブドアより】  
posted by あわ at 10:28 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。