2007年03月23日

ダイエット成功には女体バイオリズムを知って勝ち組に!

 ダイエットしていると、必ず訪れるのが停滞期ですふらふらいつもと同じように運動をして、いつもと同じように食べているのに一向に体重が減らなくなるこの時期はダイエッターの天敵ですねむかっ(怒り)あせあせ(飛び散る汗)


データを取ってみると、停滞期は女性の場合必ずといっていいほど"生理前"に来ていることが分かる。
 
 一体なぜ、このような現象が起きるのだろうか?
 看護師と野菜ソムリエの資格を持ち、現在ダイエットコーチとして多くの人をサポートしている内藤さんに伺った。
 「人体には、"恒常性"と呼ばれる、身体を常に一定のバランスに保とうとする機能があります。個人差はありますが、女性は一回の生理期間中に、およそ100〜150mlの出血があるといわれています。この出血により、身体のバランスを崩さないよう、生理前に血液を蓄える力が強く働き、その結果、一見停滞期のように体重減少がストップするのです」

 この保護機能、生理が終わりに近づくと自然と解除され、解除されたことにより、生理後は1ヶ月の中で最も体重が落ちやすい時期になる。この期間はまさにダイエットのチャンスである。しかしここで気をつけて欲しいのが「生理後のドカ食い」だ。これをすると、せっかくの痩せ期が台無しになってしまう。

 停滞期のように、減量がスムーズに行かなくなるのは残念だが、その後痩せ期に入るという、うれしい特典もある。また、生理が順調に来るということは健康の一つの指標にもなるので悲観するよりも前向きに捉えてダイエットに励むことが大切。
 今は、この仕組みに対応した「女性ダイエットモード」搭載の体脂肪計も販売されているので、それを使うのも一つの手だろう。

 男性と女性では身体の仕組みに違いがあるんですね〜ぴかぴか(新しい)この仕組みを正しく理解し、上手にダイエットに活かしたいものですねexclamation×2 
タグ:ダイエット
posted by あわ at 11:08 | ダイエットについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。